ぢるぢる☆びしゃしゃんずぬ

うしろの席の人が書いてるよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京、カンパネラ、シティ音楽。

 来年の3月に東京に住むことになった。これが決まったのが二ヶ月前の10月。二ヶ月前は胸躍った夢のTOKIOも、今では憎しみぞうぞうの腐れシティ・ポップです。水曜日のカンパネラのフロントマンのコムアイていう人は俺と同い年。どついたるねん、シャムキャッツのアーバンチル部、ミシェル・ゴンドリー。どれも好きだったが、最近はそれらが纏うPhotoshop感が俺の肌に合わないと思う。俺には、俺の感性・美学・人生にはまったく合わないと気づくばかりです。
 汚れ、ずれ、いなたさとは程遠い近じかの東京インディー・シーン。俺はもしTOKIOに行っても、誰とも話が合わないだろうな、と哀しい。
 俺の後、一年後に二人の学生がまた東京に来る予定。俺は東京に染まりたくはない。スタイリッシュでいたくない。しかし2週間前の約束も守れない俺は
 どいつもこいつも白く飛ばして、黒い汚れを飛ばした、きれいきれいきれいなPV作って、youtubeで音楽聴いて、メディアリテラシーの立ち位置を図るばっかで何にも発信できない、横のくっだらねえつながりに気を使って、退屈な音楽作って、その退屈なリズムに踊るような退屈なファンに笑顔振りまいて、くっだらねえくっだらねえブスブスブス
 俺は生活とストーリーと逃避と生活と頭皮がみたい。
 3年後は東京なんてくっだらねえところから離れて、こっちにまた戻ってきてえな。こっちだって大嫌いだけど、汚ねえ分マシだ。
 でも第一に俺が東京ってどんなくっだらねえとこか知らなきゃいけねえ。俺はどいつも斜に構えてみるぞ。
 こんなヤツいるか?
 普通は、念願の東京!じゃないの?
 東京行けばなんか変わる!じゃないの?
 いったいどこに希望見出せばいいのかって、それをみいだすために東京よ俺をしっかりがっかりさせてくれよ。
 田舎もんの集まった肉文字、ハリボテ、裸の王様、東京。
 今やこんなSNS時代に誰が東京に憧れる?
 でも行かずに知った気になるのも嫌だ。だから俺行く。知った上でやっぱくっだらねえなって言いてえ。
 死ね!東京!
 死ね!シティ音楽!
 死ね!サブカルチャー!
 こっちのほうがサブカルチャーだわ、ボケが。死にてえ
スポンサーサイト
  1. 2015/12/24(木) 02:26:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE GET UP KIDS 『Four Minutes Mile』

フルーツグラノーラに間違えて腐った牛乳をかけて食ってしまった。なんか酸っぱいと思ったら賞味期限が20日で切れてた牛乳。それもこんな夏場に部屋で常温発酵されていた糞牛乳。いつから部屋にあった?思い出すのも恐ろしい、深淵を覗くものは逆に深淵から覗かれているとはこのこと。悪魔のパンドラの箱をあなたなら開けられますか?わたしはもうこの牛乳のミステリーを追うことはしません。私にはできません。
ゲットアップキッズのこのアルバムは小学生だったか、中学生のころだったかに買ってずっと聴いている。ずっと聴いているのにメロディーが全然思い出せない音楽だ。これはファーストだけど、これ以降のゲットアップキッズは嫌いだ。なんか音が綺麗で太くてこのアルバムにあった瑞々しさが無くなっているのだ。
このアルバムで特徴的なのはベースだ。まったく聴こえない。なんかジャリジャリ音が潰れている。だがそれが青春のいびつな部分というか、雨の日の砂利道を思い起こさせてくれる。演奏全体にコショウを振ったみたいにノイズがかかって奇跡的な印象をあたえているのだ。
このアルバムの中で最もというか唯一フックのある曲を紹介します。雨上がりのグラウンド、幽霊部員のラグビー部といった風情の裏ジャケットも最高。


http://youtu.be/pjQCGSJMB5c
  1. 2015/08/24(月) 23:48:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィッシュマンズ『8月の現状』

 今日は8月22日の金曜日です。けっこう前にバイトの先輩から「深夜バイトをしていると曜日の感覚がズレるよ」と言われたことがあったけど、最近ずれてきています。部屋にはテレビがないし、毎日雨が降っていると外も出なくなるし、ネットで興味のあることだけ調べてたら今がどこにあるのかがわからなくなります。
 『8月の現状』はフィッシュマンズのフロントマンである佐藤伸治が存命のときに発表された最後のアルバムです。ライブ音源をスタジオでいじくったり、音を重ねたりした作られたアルバムで、ライブリミックスアルバムというジャンルに分けられるのでしょうか。私はフィッシュマンズはこのアルバムしかもってないので実際のライブとどう違うとか、どこがアルバムバージョンと違うとかは全くわかりませんが、このアルバムの頭から最後まで続くムードは大変好みです。
 実際ファンの間でも、メンバーのインタビューでも評価はそこまで高くないアルバムだそうです。ジャケットからしてわかる通り、メンバーものこった契約の為に適当に作ったとかなんかそんな気分で作ったと聞いたことがあります。
 これ以前にフィッシュマンズはポリドールへ移籍してアルバム3枚(いわゆる「世田谷三部作」というやつらしい)を発表しています。自分たちのスタジオを作って曲を作るようになって「ナイトクルージング」(『空中キャンプ』収録)を生み出し、そのあと1曲40分の大作『LONG SEASON』、アルバム『宇宙・日本・世田谷』へと続き、結果的にラストライブとなる「男たちの別れツアー」を敢行しました。うなぎのぼりにのぼっていったバンド活動の、その後に発表されたこのアルバムはまさにタイトル通り彼らの「8月の現状」を、停滞した状況をそのまま表しています。
 とにかく止まってもがこうにももう諦めた感が漂っています。音楽が漂っています。今日たまたま手にして部屋で流しながら、さっき「そういえば今は8月だなあ」と思った私です。
 中でもとにかく好きなseasonという曲を紹介します。アルバムバージョンもyoutubeで聴いたことがありますが、私はこのライブ盤に入っている、切羽詰まった雰囲気が好きです。
 これはライブ映像ですが、是非このアルバムをお買い求めになって、ぞんぶんに浸っていただきたい一曲です。今日が何曜日で何日かわからない日や、曇り空で何時なのかわからない部屋の中で目をつぶってみてください。

season / FISHMANS
https://www.youtube.com/watch?v=XRg-3tnKfJQ
  1. 2015/08/21(金) 20:47:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くぱぁ

ハルヒくぱぁ
くぱぁ

ハルヒくぱぁ
くぱぱぁハルヒ

ハルヒっ!!!


くぱぁ。


ハルヒッ!!!!!!!!


くぱぁ。
  1. 2011/03/30(水) 22:55:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちんぽずぬずぬ

 鏡を見たら鼻毛が「もー部屋かたづけなよー」だったので抜いた。
 抜いてびっくり。すごい長さだった。
 ”バンタム級” と名付けてもったいないのでキーボードの下のとこにとっとくことにした。

 それにしても部屋が汚い。こたつの絨毯はもう去年にひっぱりだしてから一度も掃除機をかけてないかもしれない。ノミとかシラミとかもさもさしてると思う。陰毛がすっごい落ちてるし、一回昼メシ作ってたときにハッと見たらセーターに垂直に陰毛がつきささってた。「すごい」と思った。

  1. 2011/03/28(月) 20:52:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。