ぢるぢる☆びしゃしゃんずぬ

うしろの席の人が書いてるよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

THE GET UP KIDS 『Four Minutes Mile』

フルーツグラノーラに間違えて腐った牛乳をかけて食ってしまった。なんか酸っぱいと思ったら賞味期限が20日で切れてた牛乳。それもこんな夏場に部屋で常温発酵されていた糞牛乳。いつから部屋にあった?思い出すのも恐ろしい、深淵を覗くものは逆に深淵から覗かれているとはこのこと。悪魔のパンドラの箱をあなたなら開けられますか?わたしはもうこの牛乳のミステリーを追うことはしません。私にはできません。
ゲットアップキッズのこのアルバムは小学生だったか、中学生のころだったかに買ってずっと聴いている。ずっと聴いているのにメロディーが全然思い出せない音楽だ。これはファーストだけど、これ以降のゲットアップキッズは嫌いだ。なんか音が綺麗で太くてこのアルバムにあった瑞々しさが無くなっているのだ。
このアルバムで特徴的なのはベースだ。まったく聴こえない。なんかジャリジャリ音が潰れている。だがそれが青春のいびつな部分というか、雨の日の砂利道を思い起こさせてくれる。演奏全体にコショウを振ったみたいにノイズがかかって奇跡的な印象をあたえているのだ。
このアルバムの中で最もというか唯一フックのある曲を紹介します。雨上がりのグラウンド、幽霊部員のラグビー部といった風情の裏ジャケットも最高。


http://youtu.be/pjQCGSJMB5c
スポンサーサイト
  1. 2015/08/24(月) 23:48:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京、カンパネラ、シティ音楽。 | ホーム | フィッシュマンズ『8月の現状』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinitainaaaaa.blog39.fc2.com/tb.php/5-890c93d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。